暮らし

おすすめストレートアイロンADST(アドスト) DSとDS2違いレビュー

 

ゆき
もうすぐ、梅雨のシーズンだね
くせ毛持ちにとっては一年で一番嫌いな時期だよん[/st-kaiwa1]

すてさん
毎朝一生懸命にセットしても外に出たらうねりが段々と酷くなる…
会社や学校に着いた時には跳ねたりうねってたりとストレス待ったなしだよねw

ゆき
私もこの時期は本当に嫌で外に出たくない!

ストレスから解放される方法はストレートパーマや縮毛矯正を掛けてしまえば少しは落ち着くかもしれないけど

お金の問題だったり髪のダメージが酷くなったり正直失うものが多いからな~[/st-kaiwa1]

すてさん
ゆきさんはADST(アドスト)ってアイロンを聞いたことある?
美容師さんやユーチューバーがよく使っているメーカーなのですが私のおすすめだよん

 

この記事では有名美容師さんやユーチューバーがおすすめするADSTの代表的な2つの商品

ADST DSDS2のそれぞれの違いとADST製品の優れた6つポイントをご紹介します。

 

長年悩んでいたくせ毛対策やストレートパーマや強制縮毛から解放されたい方は必見です。

ADST DSとDS2の違いは

ADST DS

縮毛矯正用アイロンとしておすすめです。

  • 1日を通してストレートが持続するので学校やお仕事の間も髪の心配が要りません
  • 根元から毛先まで挟みながら通しても引っ掛かりにくいので切れ毛や抜け毛が気になりません
  • やわらかい質感のストレートになるので指通りが滑らかになります
  • お値段は2万5千円前後ですが、美容室で縮毛矯正をした場合の1~2回分で数年持ちます

ADST DS2

スタイリング用アイロンとしておすすめです。

  • 髪に艶を出るので髪が綺麗に見えます
  • しっとりとしたまとまりのあるストレートになるのでスタイリングが楽になります
  • お値段は2万7千円前後、美容室でストレートパーマをかけた場合5~6回分で数年持ちます

 

ADST製品の優れた6つのポイント

①髪のダメージをを考えた3つのモード

髪を根元から挟み毛先まで伸ばした時の温度制御の設定になります。

髪のダメージが少ない方やスタイリング時間を短くしたい方は温度を一定に保つ「パワーモード」を使って下さい。

髪のダメージが気になる方は毛先に進むにつれ温度を下降させる「ダメージモード」を使うと良いです。

 

②素早くスタイリングできるこだわりの溝

髪に均一熱を伝えられるようにする特殊な溝があり、挟んだ時の「ジュッ」ってなるあの水蒸気熱を軽減してくれます。

 


 

③髪をはさんだ時の滑らかプレート

挟んだ際に引っ掛かりを抑え熱効率をUPさせた特殊プレートです。

指通り滑らかなサラサラストレートになります!

④重さはiPhoneの1.5倍

女性でも扱いやすい重さでコードの絡まりが無いように回転します。

 

⑤プロ仕様の美容師専売ストレートアイロン

プロの技術が家庭で使えるそれだけで嬉しいですよね!流行りのセルフカットのお供に!

⑥髪に優しい温度設定

設定温度は60℃~180℃で5℃刻みで温度設定が可能で、髪へのダメージが気になる方へおすすめです。

また設定温度まで1分も掛かりませんので忙しい朝のスタイリングには欠かせないです。

 

ADST DSとDS2を実際に使ってみた感想

ADST DSを初めて買って一番初めに驚いたのはスタイリングした時のふんわり感でした。
そして雨の日でも一日を通してストレートを維持できる持続力ですかね。

 

購入して壊れるまでの7年間ほぼ毎日使用してきましたがスタイリング性能が落ちる事はありませんでした。
耐久性も性能も文句なしです。

 

その後にADST DS2を購入して違いを見てみましたが、髪に艶が出るは嘘では無かったですw

 

ADST DSがふんわり可愛い系ならDS2は艶のキレイ系でしょうか。
同じサラサラ感なのですが、スタイリングの差は素人でも分かるぐらいの満足度です。

 

私の個人的な意見としては始めの1本はDS2をおすすめします。

まとめ

ADST DSDS2の違いをご紹介してきましたが如何だったでしょうか。
両方ともお値段は安くはないです。

 

しかし、美容室で7年間強制縮毛を掛ける事を考えたらコスパは最強だと考えます。
本来なら両方を使ってみて、用途に合わせて使えるのが一番良いのでしょうがそうはいきませんよねw

 

ADST DSを知らなかった方やDSとDS2のどちらかで迷っていた方もこの記事を読んで参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 WEB CAFE Powered by AFFINGER5