暮らし

ウォーターサーバーの水の種類や硬水・軟水って?必要な量とは?

 

お水って日々の暮らしに欠かせない存在ですよね。

 

そんなお水にこだわってみませんか?

 

ウォーターサーバーがお家にあると便利なことも沢山ありますし、体にも優しく美味しいお水がいつでも飲めますよ。

 

私もお家にウォーターサーバーを置いていますが、お湯がすぐ出るのも嬉しいですし、冷たくて美味しいお水をごくごく飲めるのは嬉しいですね。

 

ウォーターサーバーを選ぶ前に、まずはお水の種類について見ていきましょう。

ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーで使われるお水の種類は大きく分けて2つあります。「天然水」と「RO水」です。

 

天然水は良く聞きますが、RO水はウォーターサーバーを調べてみて初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。

天然水

農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によると、天然水と呼べるみずの種類は「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」と決まってるようです。

ナチュラルウォーター

特定の水源から採水した地下水で、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・科学的処理を行っていないもの。

ナチュラルウォーターは天然水の中でもミネラルが低い。

 

ナチュラルミネラルウォーター

「ナチュラルウォーター」の一部。

ナチュラルウォーターのうち、地層中のミネラルが溶け込んでいる地下水を原水としたお水。

ナチュラルウォーターよりさらに豊富なミネラルを含むお水。

 

ちなみによく聞く「ミネラルウォーター」と違いは、特定の水源から採水した天然水を原水として、品質の安定のためにミネラル分などを加工調整したものです。

 

「ろ過や殺菌処理以外の処理をしない」のが天然水

「殺菌処理のほかにミネラル分の加工や調整を行う」のがミネラルウォーター

 

日本の天然水は殺菌処理がきちんとされているので安全性は高いです。

 

殺菌や異物の除去を行う以外大きく手を加えないので水本来の成分が生かされているのが「天然水」です。

RO水

水道水などの水を、水の分子以外の物質をほとんど通さないRO膜(逆浸透膜)フィルターでろ過した水を指します。

 

不純物が限りなくゼロに近いお水で、ろ過によって安全なお水になります。

 

販売されているRO水の多くはミネラル分を加えて調整されています。お水が美味しい!と感じるのはミネラルのおかげなんですね。

 

「RO水」は、子どものミルクや離乳食などにおすすめです。赤ちゃんはミネラルやマグネシウムを多く摂取すると分解できずに内臓に負担がかかりやすいです。

 

硬水と軟水とは

スポンサーリンク

ウォーターサーバーの水はほとんどが軟水です。

 

硬度とは、水1000mlの中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値のことです。

 

硬水か軟水かの基準は120mgとWHOの基準で定められています。さらに詳しく分けると下記のようになります。

超硬水  硬度180mg以上

硬水   硬度120mg-180mg

中硬水  硬度60mg-120mg

軟水   硬度60mg以下

 

軟水はミネラルが少なくて、硬水はミネラルが多いということになります。

 

日本の水道水は、沖縄の一部を除きほぼ軟水です。ヨーロッパやアメリカの水道水は、硬水が多いです。

 

軟水を飲み、軟水で料理をする文化があるので日本人の体には軟水が合っていると言えます。

味の違い

 

硬水:しっかりした飲みごたえ

軟水:口当たりが軽い

 

 

軟水の方が柔らかくて飲みやすい印象です。

 

料理の仕上がりにも違いがあります。

 

ふっくらと柔らかく甘みがあって旨味を引き出すのは、軟水がおすすめなので日本料理には軟水硬水は西洋料理に向いていると言えます。

 

コーヒーは硬度で味が変わるので、どちらが良いということはなく好みです。軟水の方が柔らかい口当たりのコーヒーになります。

 

紅茶や緑茶を入れる場合は、軟水が適しています。ミネラル分が少ないと茶葉の成分が抽出されやすいので旨味・渋み・苦味などのバランスが良いお茶になります。

 

赤ちゃん用のミルクにも、ミネラルが少ない軟水が適しています。

 

硬水ってどんなのだろう?と思う方は、エビアンとかゲロルシュタイナー(炭酸水)とかはコンビニにも売っているので、飲み比べてみてもいいですね。

家族の人数で1か月で必要な水の量

家族の人数構成によって必要な水の量は変わってきますよね。定期的に届くタイプを頼む場合は、使う水の量の目安をぜひ参考にしてみてください。

 

一人暮らし 12L~20L/月

二人暮らし(大人2人) 24L~36L/月

三人暮らし(大人2人子ども1人) 45L~50L/月

四人暮らし(大人2人子ども2人) 48L~60L/月

 

※1日にコップ2~3杯+料理に使用した場合

 

今は外出自粛もあるのでこれより多めかもしれません。

まとめ

ウォーターサーバーの水の種類についてはいかがでしたか?

 

一人暮らしだったり、お子さんがいらっしゃる世帯など必要としているお水の種類や量にも違いがあると思います。

 

ぜひこの記事を参考にしていただいて、ご自分に合ったウォーターサーバーを選んでいただきたいです。

 

夏場はお水を飲み機会も増えますし、ライフスタイルに合わせてお家のお水を見直してみましょう!

 

ウォーターサーバーが初めての方におすすめはこちら

[keni-linkcard url="https://yukie-lifestyle.com/archives/1694"]

おしゃれなウォーターサーバーをお探しの方におすすめはこちら

[keni-linkcard url="https://yukie-lifestyle.com/archives/1635"]

スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 WEB CAFE Powered by AFFINGER5